歯ぎしりの予防法

歯ぎしりは、睡眠中に本人が知らずにしますが、ひどい場合は、歯や歯周組織の損傷ばかりか、
全身にも悪影響を及ぼすそうです。半年以内に2度以上、同室の人に歯ぎしりを指摘されたり、
朝起きた時にあごのこわばりや疲労を感じる人は注意が必要だそうです。

 

このぺージでは、自分で簡単にできる歯ぎしりの予防法を紹介しています。

 

 

あなたの健康百科 気になる歯ぎしり
http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/199710311.html

歯ぎしりの根本的な原因から対策

自分ではなかなか気づきにくい歯ぎしり。
歯ぎしりは、ほっておくと、さまざまな二次障害に発展する場合もあるそうです。

 

なんと一晩の歯ぎしりは、一生分のそしゃくに匹敵するくらい、歯やあごにダメージを与えるそうです。
本当は危険な歯ぎしりについて、ぜひきちんと知っておく必要があります。

 

このぺージでは、歯ぎしりの根本的な原因から対策までをかなり詳しく説明しています。

 

 

あなたも常習者!?歯ぎしりが怖い理由
http://www2.health.ne.jp/library/5000/w5000450.html

歯ぎしりの治療法

歯ぎしりの治療法の最後の手段は、矯正治療ですが、歯ぎしりの矯正治療は、
歯ぎしりを根本から治してしまうので、かなり効果が高いといわれています。

 

治療後も、マウスピースなどの防止装置を使わなくとも静かに安眠することができるそうなので、
かなりオススメの治療法ですね。

 

このページでは、歯ぎしりの歯ぎしり治療法、歯ぎしりの自覚、歯ぎしりの対策、
歯ぎしりの不快感、歯ぎしりの原因などをかなり詳しく説明しています。

 

 

歯ぎしり
http://gigi1.seesaa.net/

歯ぎしり・いびき防止

最新情報

ブックマーク